2013年中山牝馬S・レース回顧

2013年3月10日、中山競馬場にてGVのハンデ戦、中山牝馬Sが行われました。

 

 花粉症がひどいため、私はこのレースをテレビ観戦しました。

 

 牝馬同士の難解なハンデ戦ということもあり、1番人気のオールザットジャズの単勝は4.9倍、そこから5頭が10倍以下のおっずという混戦のレースとなりました。

 

 レースは3番人気のダイワズームが好枠を活かして逃げ主導権を握り、それを私の本命馬である2番人気のスマートシルエットがピタリとマークする形になりました。

 

 1番人気のオールザットジャズは大外枠が響いて、C・デムーロ騎手がうまく騎乗していたが、それでも外目を追走する形になり、その内側にオメガハートランド、さらに後ろがマイネイサベルでした。

 

 4コーナー過ぎて直線に入ると、2番手追走のスマートシルエットがダイワズームに早々と並びかけて突き放します。

 

 そこに外からオールザットジャズが猛然と追い込みますが、直線半ばで脚色が怪しくなります。

 

 そして、虎視眈々とオールザットジャズをマークしていた6番人気のマイネイサベルが一気に内の2頭を交わし去り、重賞3勝目を挙げました。

 

 なんとか私の本命馬スマートシルエットは2着を確保し、馬券は的中となりました。

 

 しかし、このマイネイサベルという馬は重賞3勝が全て6番人気以下と、なぜか人気にならずに好走する馬です。

 

 こういう馬こそ、馬券を取る上でマークしておきたい馬なのですが、それができれば苦労はありません。

 

 この後は、勇躍ヴィクトリアマイルでしょうか?

 

 マイネイサベルの今後に注目です。